パール・ハーバー


パール・ハーバー


★★★★☆



監督 マイケル・ベイ

出演 ベン・アフレック ジョシュ・ハートネット ケイト・ベッキンセイル 他

夏休みに入り映画館も子供向け作品が多く少し遠ざかってしまいましたが

DVDは大量に借りて観ておりました

この作品は1998年のアルマゲドンのマイケル・ベイ監督とベン・アフレックが

同じくコンビを組んだ2001年の作品でベン・アフレックは主演です

今回は英雄となった父の娘とその恋人の美しい愛を描いたものとは少し違います

また日本人から見たパールハーバーではなくあくまでもアメリカ側から見たあの戦争の様子です

幼い頃から仲良しで兄弟のように育ったレイフとダニーはレイフの父の飛行機を盗んで

2人で動かしてしまうほど飛行機に憧れていた 2人は空軍へ

2人の実力は誰もが認めるものとなっていき レイフには看護婦のイヴリンと言う恋人も出来る

しかしレイフはイギリスの戦地へ向かうことが命令される

残されたダニーはハワイへ転属命令が出る 

手紙のやり取りをしながら愛を深めていったレイフとイヴリンだったがレイフ戦死の知らせが届く

いつしかイヴリンはレイフの友人ダニーと恋人関係になってしまう

ところが 死んだはずのレイフは生きていて 2人のもとに現れる

このあたりまでがすごく長いストーリーです この映画は183分ですからね

その後は美しいハワイの景色と素敵なアメリカ人の女性たちの姿や

陽気なアメリカ兵たちの様子が続き日本の映画とはずいぶん違うなあと思わされますが

突然日本軍の真珠湾攻撃が始まります

これはちゃんとした日本語の発音の人達を使ってあり

また日本の攻撃シーンは長く日本強しと驚きます

細かいところまでよく撮られていてブレてなく観やすく残虐でもあるが分かりやすい

素晴らしい戦争映画だと思いました

さて3人の三角関係がどうなるのか アメリカは日本にどんな攻撃を始めるのか

後半も面白いです

この3人で生き残るのは誰なのだろうか

最後も納得がいくようにちゃんと出来てますね

長かったですが大作を観た感じがします





















[ 2017/07/25 14:43 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

ジョン・ウィック:チャプター2


ジョン・ウィック:チャプター2


★★★★☆



監督  チャド・スタエルスキ

出演 キアヌ・リーヴス 他

前作のストーリーを少し忘れかけていましたが

第2弾はバイクと車のすさまじいアクションシーンから始まり

これが前作で愛犬を殺され車を奪われた男の復讐の続きであることが分かり

そうだったなあと思い出しますが 孫への復讐から祖父まで及んでいます

まだ車を取り戻してなかったようでした 

この車を取り返すためだけに すごい数の人を殺していくジョン・ウィックでしたが

それも前回通りで 新しい家にはまた新しい犬が飼われてました

死んだ妻の写真を大切に飾っているジョンにかつての仲間から新しい依頼が

殺し屋の足を洗ったジョンはこれを断るが直後にバズーカ砲により自宅は燃えてしまう

愛犬と共に例の殺し屋の集まるホテルのような場所に行き

仕事を請け負うことを決意する

前回を上回る大量の武器を使ったアクションシーンがずっと続きます

最終的にはニューヨーク中の殺し屋に700万ドルの懸賞金の知らせが届き

ジョンはこれら全員を相手に戦っていきます

前作が好きだった人にはかなり満足できると思います

このシリーズもどうやら続くようです




















[ 2017/07/09 13:54 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊


パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊


★★★★☆



監督 ヨアヒム・ローニング エスペン・サンドベリ

出演 ジョニー・デップ 他

このシリーズは長くて退屈なシーンが多いイメージで観なかった回もあったのですが

今回は 「 最後の海賊 」 などと言うタイトルなので

ちょっと前のローガンと一緒でシリーズ最後なのかと思い行ってまいりました

取りあえず 3Dではなく字幕で観たのですが 

期待しなかった分かどうか想像以上に面白かったです 退屈な部分など無しです

これまでのシリーズを観ていなかったとしても忘れていたとしても十分楽しめますよ

観に行ったもう一つの理由はポール・マッカートニーが出演すると聞いたことです

海賊風のメークで出てきますので知らずに観たら損しますので書いておきますよ

ちゃんとセリフもあるし演技もまあまあで歌も歌ってくれますよ

ストーリーは海賊メインではなくファンタジーな世界の方が大きかったです

分かりやすくてかなり楽しくてジャック・スパロウの若い頃のシーンもCG?で出てきます

やはりお金と時間がかかってるなあって 日本の映画とは比べ物にならないなあって

思わずにはいられないです

終わったら帰った人も多かったですがエンドロール全部終わってから残りの映像があります

そして どうやらこれでは終わりそうもない雰囲気が

是非最後までご覧ください




















[ 2017/07/02 17:01 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

TAP THE LAST SHOW


TAP THE LAST SHOW


★★★☆☆



監督・主演 水谷豊

映画のCMを観て まるであの 「 セッション 」 のようなストーリーのような気がして

観てみたいと思っていました

水谷豊演じる渡真二郎は十数年前に大怪我を負って引退した伝説のタップダンサー

今は酒におぼれてるとしか表現がされてませんでしたが

そこへその劇場の最後のステージを彼の演出で飾りたいという話が来た

タップのショーをやる劇場の社長は岸部一徳 

その他大勢 ほぼ 「 相棒 」  の共演者たちが出演

渡は無名のダンサーを集めオーディションをする

ダンサー役は本物の人達なのか残念ながらセリフや演技はかなり下手

オーディションで選ばれた若者たちはすべて色々訳ありの人生を歩んでいた

彼らのひとりひとりの私生活や渡のラストステージのビデオが流れて行き

順番通りに撮影したのか 最後の方は出演者の演技もそれなりに見えてきた

物語はおおよその予想通りに運んでいくので

こういった映画はラストのショーがどんなものかが楽しみになります

そして 予想以上の感動的なショーを見せてくれますよ

北乃きい 前田美波里 などが出演し泣く準備をした方がよさそうな雰囲気に

そして最後にはこのストーリーの一番大事なお話がついてきます

面白かったです





















[ 2017/06/25 16:40 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

レッド・ダイヤモンド


レッド・ダイヤモンド


★★☆☆☆



監督 マックス・アダムズ

出演 マーク=ポール・ゴスラー ブルース・ウィルス 他

自宅にてDVDで鑑賞しました

マフィアのボス役をブルース・ウィルスが演じています

強盗集団のトップはマーク=ポール・ゴスラー

この二つの集団がドンパチやりながらレッド・ダイヤモンドを奪い合う物語

2人の男の間を行ったり来たり嘘か本当か分からないつかみどころのない女性を

クレア・フォーラニがルパンの峰不二子役風で登場

美女も数人出て特にスナイパー役の女性はかっこいいです

アクションシーンも車からボートや飛行機まで使って

気をひくジョークも交えながらそれなりの一流作品にもう少しで手が届く

そんな感じで出来上がっています

作品の時間が短かったのでここからだと力を入れて見ないでいいというか

さらっと軽く楽しめる作品だと思います





















[ 2017/06/23 15:01 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

レイルロード・タイガー


レイルロード・タイガー


★★☆☆☆



監督 ディン・シェン

出演 ジャッキー・チェン 他

この映画は日本兵が悪役で出てきますしコメディタッチでやられてしまいますので

日本では人気がないかも知れませんが実際に日本の俳優さんも出演されていますし

強い日本兵にかなうわけないと言う前提の1941年頃のお話ですのでそのおつもりで

ジャッキー・チェン(マー・コエン)がリーダーの列車泥棒集団レイルロード・タイガースが

日本兵に立ち向かい負傷した兵士を救いその男の遺言を自分たちでかなえてあげる為

物資輸送の列車を狙い橋を爆破させる計画を立てる痛快列車アクション

いつものジャッキー・チェン映画は最初から日本人でも楽しめるはずですが

今回は日本人役の日本語が半分聞き取りにくく

笑いのポイントもずれ気味です

前半はまさかこんなはずではと思うくらいの意味の分からなさですが

後半はアクションシーンや爆破シーンもあり少し楽しめるかと思います




※物足りなくて帰りにゴッドファーザーの1を借りて自宅で観た
何年経っても映画とはこんなものを言うんだとしみじみ思う

























[ 2017/06/18 07:56 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

22年目の告白-私が殺人犯です-


22年目の告白-私が殺人犯です-


★★★☆☆



監督 入江悠

出演 藤原竜也 伊藤英明 仲村トオル 他

1995年5つの連続殺人事件が起こる

すべてに共通するものは一人が殺される様子をもう一人が見ていなくてはならない

そのような残酷な事件であった 

刑事になりたての牧村(伊藤英明)は犯人に対する警察の仕掛けた罠により

もう少しで犯人を捕らえることができたが取り逃がし顔に大きな傷を負う

ただこの頃は法で時効が認められていた

2010年殺人などの凶悪犯罪の時効が廃止されたがこの事件はすべてが時効になった

その直後2017年犯人と名乗る曽根崎(藤原竜也)はマスコミを集め

自分が殺人犯だと言う内容の本を出版し顔を出して犯人だと発表する

曽根崎はアイドル並みの人気を得て本はベストセラーにまでなるが

テレビの生出演をきっかけにことは違う方向へと進んでいく

前半は藤原竜也が主役だが後半はどうなるか

ここで 何を書いてもネタバレになってしまうので書きにくいけど

ラストの15分くらいまで私には真犯人が分からなかった

その前にも事件の真相ははっきりしない

なぜ犯人がこの事件を犯してそして曽根崎は自分が犯人だと公表したのか

犯行理由も犯人も分からないように作り上げてあります

久しぶりに面白い邦画を観た気がしました

ただ犯人だと登場した藤原竜也が映画ではアイドル並みの人気になりますが

あんなに女性が騒ぐほどイケメンではないことと

似合わない変なヘアースタイルを作り上げてあることが見てて気になる気がしました 

もう少し陰のあるイケメンは他にもいただろうに

刑事役の伊藤英明さん ニュースキャスター役の仲村トオルさんは

演技もうまく藤原竜也を含めていい役者になってきたなあと思えました






















[ 2017/06/10 16:22 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

LOGAN/ローガン


LOGAN/ローガン


★★★★☆



監督 ジェームズ・マンゴールド

出演 ヒュー・ジャックマン 他

「 X-MEN 」 の 「 ローガン 」 の最後を描いた作品

2029年不死身のはずのローガンは年老いて体も弱っていた

お金もなくリムジンハイヤーの運転手をして

また病気のチャールズの身を隠し薬を飲ませる生活をしていたが

ある日一人の少女と出会うことになる

ミュータントはほぼ全滅していたと思われていたが

ある組織によって人間の手で新しいミュータントが作られていた

その中の一人であるローラは看護師の手によって脱出できた一人で

まさしくローガンの血をひくローガンそっくりな力を持つ少女だった

ローラを捕まえる敵からチャールズを連れての3人の旅が始まります

弱っていくチャールズとローガンに寂しさを感じますが

ローガンはミュータントの未来のため最後の力をふり絞って戦い続けます

先日観た無限の住人をほんの少し感じさせるストーリーと

まるでキックアスの少女に鋭い爪がある様な素早い動きのローラは

物語を最高に盛り上がてローガンのラストシーンを迎えます

期待したより面白かったと言うのはこのような映画です

ヒュー・ジャックマンさん長い間お疲れさまでした





















[ 2017/06/03 16:46 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

メッセージ


メッセージ


★★★☆☆



監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ

出演 エイミー・アダムス ジェレミー・レナー 他

公開から時間が経ちましたが席に余裕が出てきたので観てきました

結論から言うと思っていた映画と根本的なものが違っていてそれは新鮮でした

ルイーズは大学の講師を務める言語学者でありかつては母親でもあった

そのようなところから始まり愛する娘が病気か何かで死んでいった様子などが

ストーリーに少しずつ織り込まれていながらもなぜ父親がいないのか

離婚したなら原因は?父親の写真は?など細かいことがはっきりしないまま進み

すぐにあのポスターの半球体のような宇宙船と思われるものが世界各地に現れ

人々が混乱に陥ります 全部で12個あるこの球体は日本の北海道にも現れます

宇宙船の中の生き物とコンタクトをとろうとする軍からの依頼で言語の解読を依頼された

ルイーズは科学者のイアンと共に宇宙船に乗り込みますが

そこは誰もが思い描いたような場所ではなく宇宙人と思われる生物もまた同じでした

どうやって言葉を通じ合わせて彼らが地球に来た目的を解明していくか

そして彼女が時々見る夢は何なのか

最後に3000年後の地球のために彼女が決断したこととは

壮大なスケールでお金がかかってそうで観てるとそうでもない感じがして来たり

船内の様子が単純すぎたりぼやけていたり そのシーンが長かったりしますので

ラストまで頑張ってああそうだったのかと思うまでは退屈かも知れません

でもアカデミー賞って書いてあるのでそう思って観ればいい作品だったとも思えます

サスペンス的な映画に仕上がっていますが効果音が非常に大きく

ここが見どころなのかと思うと外れてたりもします

SFアクションやスリルも無いに等しいです

ただ 最後に そうだったのか~とはだれもが思うでしょう

誰もが彼女が選んだ事が正しいとばかりは思わないところが

この映画のメッセージでもあります






















[ 2017/05/27 16:32 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス


★★★☆☆



監督 ジェームズ・ガン

出演 クリス・プラット 他

前作の 「 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 」 を少し忘れてしまったので

もう一度前日に借りてきて観てからの本日の鑑賞です

面白いキャラクターの集団が刑務所で結成されて宇宙での戦争に挑む

SFアクションものですが 出演者たちはアライグマや樹木など非常に個性的です

そして背景も地球で言う1980年頃のヒット曲をウォークマンで聞きながらとなっています

上映中の半分はジョークを飛ばし今回は満席の客席には笑いがこぼれていました

前回母親の死から始まって父親のことがはっきりしなかったのですが

今回は最初から1980年の父親の登場から始まりすぐに34年後になります

父親との戦いにまで発展する今回の物語は宇宙規模がすごく大きく

字幕2Dで観ましたがよかったら3Dで観た方がいいかと思います

子供向けのようでありジョークは下ネタも多く曲も昔の物なので

親子での鑑賞の人も多かったですがやはり外国人の方が受けていたと思います

日本人は軽いノリで観た方が楽しいはずです

最初にエンドロール後にも映像がありますと出ますが

何度も出ますので最後まで席を立たないようにしてくださいね

最後まで楽しめるように作られていましたよ

ネタバレになるかも知れませんが

シルベスタ・スタローンが出演しています





















[ 2017/05/13 17:36 ] 映画 | TB(-) | CM(-)