J・エドガー

J・エドガー

★☆☆☆☆

FBI初代長官 ジョン・エドガー・フーバーの半生 実話です

監督は クリント・イーストウッド

この映画が始まる前は タイタニック3D版の予告編を見て 懐かしく 絶対また観よう

と思い始まりました 主演の レオナルドディカプリオは あの時と顔もスタイルも

変わり果て しかもこの映画では 半分以上が老人の役でした

映画に必要な スリル・サスペンス・アクション・笑い・涙 以上が何もない映画でした 

あったのは ただただ汚い老人の男同士のラブストーリーでした 

メイクが汚く あれでは老人に対してバカにしてるとしか思えません 

見てて不愉快になりました 実は 私は途中寝てしまいましたが 起きたら私の両サイド 

もう一つ向こうまで みんな寝てました 観終わった後も なんだかいやな気分 

映画の構成も実に悪い 若いうちの主役を演じるだけにしたほうが よかったのでは?

タイタニックの最初と最後に老婆が出てきますが 

あれくらいでよかったのではと思います 残念です

クリント・イーストウッドみたいな老人には もう映画はつくらせない方がいいのでは 

と思います ディカプリオはことごとく作品に恵まれない人です 

アカデミー賞 ノミネートもされなかったのは よーく分かりました 

何回こけたでしょうか? みなさん そそくさとお帰りでした
[ 2012/01/28 17:22 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

ALWAYS 三丁目の夕日'64

ALWAYS 三丁目の夕日'64

★★★★☆

ALWAYS 三丁目の夕日 ALWAYS 続・三丁目の夕日 に続く第3弾

今回は 昭和39年の東京オリンピックが舞台になります シリーズ1と2は 劇場では

観ていませんが 今回は3D映像が見れるので劇場に足を運びました 

実は あまり期待してなかったのですが 今回は 1話の感動を呼び起こしてくれる

ものでした ですが 残念ながら 3Dは映像が暗く観にくかったです 

眼鏡をはずして観ると倍くらい明るくなりました やっぱり3Dは暗いです

東京タワーのCG映像等は3Dの価値ありですが 

やはりこの映画は お茶の間での映像がほとんど 2Dで十分だと思いました 

そちらの方が明るくていいのではと思います 

途中暗過ぎて顔もよく見えず目をこすってしまいました 

ストーリーは昭和の良き時代が満載で 面白かったです 

登場人物以外にも すべての部分が昭和なので いろいろ探すのも楽しみの一つ 

ひとつだけ昭和でないのが小雪さん 背が高すぎて小さな家では 天井に頭が届きそう

でした お金があり 生活が豊かで便利でも 幸せでなくてはと言う気持ちが

じんわり伝わる作品です 心が潤いました ぜひご覧ください
[ 2012/01/28 17:13 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

デビルズ・ダブル

デビルズ・ダブル

★★★★☆

イラクの独裁者サダム・フセインにはタブー視されていた息子がいた

“狂気の申し子”と悪名高く<ブラック・プリンス>と呼ばれた長男ウダイ・フセイン 

そのウダイの 影武者を引き受けることとなった男 ラティフ・ヤヒア 

この二人の生涯を主演 ドミニク・クーパーが一人二役で演じています 

ウダイの思うがままの欲求・狂気を見事に演じ またラティフの正反対の性格をも 

同時に演じています 演技力に脱帽です 事実をもとにつくられた話ですが 

サブタイトルにある様に この真実についてこれるか? そのものです 

残虐なシーン多し 酒 薬物 レイプ 殺人 映像のほとんどがそうです

子供 カップルには 向きませんね 私は引き込まれましたよ 見る価値ありです
[ 2012/01/14 18:00 ] 映画 | TB(-) | CM(-)