プロメテウス


プロメテウス


★★★☆☆


グラディエーター・ロビンフット・ハンニバルなど数々の作品を世に送り出したリドリー・スコット監督の作品

人類最大の謎 人類の起源の謎を解くために結成されたチームは 宇宙船プロメテウス に乗り 

地球とよく似たその惑星に向かいます

最初の空から撮った映像や滝の映像がすごくそして美しい宇宙も大変きれいに撮れていて 

宇宙船も高度な機能を持ちこれこそ未来だという感じで始まります 

その惑星に着くまでは すごく期待しましたが 

到着してからは内容につじつまの合わないことが多くありました 

そして内容はエイリアンとほぼ同じ 監督はかつてエイリアンの監督でもあったのです 

あれを観た人は先が読めてしまったことでしょう 

主役の女性のお腹の中から何が生まれてくるかもう分かってます 

緑色の液体やべたべたした物 卵が並ぶ様子など全部一緒です 

そして人類の起源人類はどこから来たのか 分からずじまいでした 

タイトルは何のためにあったのでしょう 

探しに行きましたが分かりませんでしたということでした 

エイリアンは相変わらず気持ち悪いです 

宇宙の映像と宇宙船内がよかったので ★3つです


[ 2012/08/25 17:19 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

アベンジャーズ

アベンジャーズ

★★★★★

監督 ジュス・ウェドン

ロバート・ダウニー・Jr (アイアンマン)

クリス・エヴァンス (キャプテン・アメリカ)

マーク・ラファロ (ハルク)

ジェレミー・レナー (ホークアイ)

クリス・ヘムズ・ワース (マイティ・ソー)

スカーレット・ヨハンソン ( ブラック・ウィドウ)

これを観るために まだ観ていなかった キャプテン・アメリカもDVDで観て 

ヒーロー達全員の予備知識を持っての鑑賞です

今回3D 2D両方ありましたが3Dにて鑑賞しました 

人類史上最大の敵の 地球侵略を防ぐために集められたヒーロー達だが 

チームとして戦うまでには いろいろな苦悩や味方同士での戦いがあったりしましたが 

あることをきっかけに アベンジャーズとして戦うことを決意 

そしてものすごい迫力映像が始まります 

もちろん主役は アイアンマンの ロバート・ダウニー・Jr です

彼が出ると ただのヒーローものだけでは終わらないですね 

ところどころにユーモアがあり 飽きさせない面白さでした 思った通り想像通りの

映画なので ここでいろいろ書かなくてもいいでしょう 

今のところ今年一番の映画は 私はシャーロック・ホームズと思っています 

これは2番目ですが どちらも主演はロバート・ダウニー・Jr です 

今 一番の俳優ですね 彼は 

エンドロール途中で 映像が流れますので 帰らないでください 

最後にエンドロール終了後 おまけの映像もあります これは 何とも深ーく笑えるので 

絶対に 見逃さないでくださいね 今回 ハルク色の3Dメガネが配られました

アベンジャーズ
[ 2012/08/18 16:21 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

トータル・リコール

トータル・リコール

★★★★☆


監督は ダイハード4 アンダーワールドの レン・ワイズマン

主演は 今まで 主演ではフォンブースなど あまりパッとしなかったコリン・ファイル 

他には悪役で 作られた記憶の中の妻役で ケイト・ベッキンセイル 

元々の記憶の恋人役ジェシカ・ヒール 

この作品はアーノルド・シュワルツネガーが 主演を務めた作品のリメイク版です 

実はシュワルツネガーのトータル・リコールを 観ておらず 

比較のしようがありませんが これはこれで 非常に 面白かったです 

SFというよりは アクション大作です 最初か 最後までずっとアクションです 

地球は科学戦争の後 居住区域が限られ 2か所のみになっていました その2か所は 

支配層が 住む区域と 労働者が住む区域に 分かれています 

映画で観た一瞬の地図では アメリカ西海岸あたりとオーストラリアだったかと思います 

この二つの区域は 空から行き来するのではなく 

巨大な エレベーターで 地球の中心(コア)を通って 15分ほどで行き来します 

コアを通過の時は 無重力状態になるなど 仕掛けがいろいろあって楽しめました 

労働者が住む区域はアジア風な建物で 支配層が住む区域は 空飛ぶ車があったりと 

ずいぶん違いましたが 生活の様子など全く出てきませんでした 

記憶を自由に入れ替えられるトータル社で 労働の辛さを消し 夢を手に入れるために

主人公は向かいますが 記憶装置が動き始めたとたん 何かが 起こり始めます 

息もつけないほどのアクションの連続です 手に力入ります ★5でもいいでしょうが 

あまりアクションだけ続くと どこが一番よかったとかの記憶が無くなります 

美女二 は ものすごく強くて かっこよかったです すかっとしますよ 
[ 2012/08/11 15:00 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

ダークナイト ライジング

ダークナイト ライジング

★★★☆☆

監督 クリストファー・ノーラン 

主演 クリスチャン・ベイル

前回のダークナイトも面白くなく バットマンはもう観ないつもりでしたが 

今回評価がよかったので観に行きました 3時間弱の長丁場でしたが 

ひとつづつのシーンが少しずつ長く ちょっと長いなって感じながら観ていると 

眠くなってきます この映画で一番よかったのは 

アン・ハサウェイのキャットウーマンです 超キュートでかっこよく一番強かったです 

バットマンの弱いこと なぜバットマンは あんなにすごい衣装を着て 水陸空乗用の

ものすごい車に乗っていながら 陸では素手で戦うんでしょうか?

武器一つ持たずに戦うんでしょうか? ついでに衣装が重く動きが鈍いときてる 

しかも悪役にぼこぼこにされてどん底にまで落ちる  ネタばれになるので 

何処に落ちたかは書けませんが そこから体力をつけて這い上がるのに 

またぼこぼこにされ死にかけるとはね ついでに普通の女にナイフで刺される始末 

あの衣装は小さいナイフも通してしまうらしい 

そういうところが この映画のスカッとさせてくれないところ 

それに比べて キャットウーマンのバイクシーンはよかったです 抜群でした 

あれがあったから★3つ デートで来ていた隣の姉ちゃんは ラストシーンで 

わざとぐずぐずと聞こえるように泣きましたが 

映画たくさん観てる人は よく知っています 泣かなくてもいいです 

主役は死にはしません 続きが作れなくなるではないですか 

ということでそのような終わり方でした 

バットマンファンは高評価をしているようですが 映像はさすがによかったです

しかし 主役が弱いって言うのは ちょっとねえ 変ではないですか
[ 2012/08/06 13:56 ] 映画 | TB(-) | CM(-)