悪の教典

悪の経典

★★☆☆☆


監督 三池崇史 主演 伊藤英明

この映画は きっと本で読んだ方が 面白いに決まってる

そう思って 先ずは 上下かなり長い話を読破しましたよ

映画館で 何度も予告編を見ていたので 

読んでても 主役が伊藤英明に重なるので 

映画と一体化した読み方になってしまいました

そして これを映画にするのは ちょっと難しいんじゃないかと思いました

あまりにも 登場人物が多いし 殺した人数も多い

でも そこをどうやって 監督が作品に変えられたか 観てみたかったです

残念ながら 3分の1はカットされてました

結構大事な部分もカットされていただけではなく

殺し方も 少しひねってありました

主役の過去のことも ほんの数秒ずつ 音楽と共に画面にはめ込まれてますが

本を読まずに行った人が あれだけの映像で理解できるわけないと思いました

最終的な 生徒大虐殺は 少し単調でしたね

ただ 役者が伊藤英明であることだけが 妙に合ってました

ハスミンは愛くるしい顔をして 頭脳明晰で 生徒に絶大な人気が

あるということですからね

他の先生たちの事情という 大事な部分をカットされてて 残念でしたが

次の本も出版されると発表されてるわけではないのに なぜか 映画は

to be continued という文字で終わります

★2つしかつけられませんでしたが なぜか また観たいと思いました

伊藤英明だからです 海猿の伊藤英明とは 全然違いましたからね

なのに この映画にぴったりはまってました

また シリーズ化されてほしいです
[ 2012/11/26 12:29 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

アルゴ

アルゴ

★★★★☆


ベン・アフレック 監督 主演

1979年 テヘランで起きた過激派グループによる 

アメリカ大使館占拠 大量人質事件で 

大使館員男女6人のみが 人質になる前に大使館を逃げ出すことに成功する

6人はカナダ大使宅に潜伏する CIAは人質救出のプロ トニー・メンデス

のとてつもないアイデアで救出作戦を実行することを決める

それは ハリウッド映画をイランで撮影すると言う偽の映画制作発表

潜伏中の6人を映画スタッフに変装させ 無事航空機に乗せるまでの物語

この前代未聞の作戦は実話をもとにつくられており 6人も実話そっくりの

人たちを集めてありました

俳優ではなく 普通の人が演じてるのではないかというくらい自然な演技

それが 反対に とてもリアルで ロケハン中も ラスト空港内での

パスポート確認から搭乗 離陸まで ずっとハラハラドキドキしました

地味なストーリーですが 

ベン・アフレックが作ると こんなに面白くなるんですね

「 ザ・タウン 」 に続きベン・アフレックはうまいなあと思えました

遅くなったけど 観に行ってよかったです
[ 2012/11/20 13:03 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

リンカーン/秘密の書

リンカーン/秘密の書

★★★☆☆

監督 ティムール・ベクマンベトフ ティム・バートン 製作

第16代アメリカ大統領 エイブラハム・リンカーンは 幼いころ

母親が ヴァンパイアに殺されるところを見てしまう

そして 同じく 恋人をヴァンパイアに殺され 自分もヴァンパイアにされた

ヘンリーに出会い 戦うための訓練を受けることに

斧を使うのが得意だったリンカーンは 銀の斧を使った戦術を身につける

そして 同時に 法律を勉強しながら政治家としても成長していく

妻にも秘密の夜の顔は ヴァンパイアーハンターだったと言うストーリー

ヘンリー役は デビルス・ダブルでフセインの息子と影武者を一人二役で演じた

ドミニク・クーパー 主役のベンジャミン・ウォーカーが影が薄い中

いい役を演じてました 3Dで観ましたが迫力がありました

ヴァンパイアはドキッとするほどどれも恐く 

殺害シーンも なんせ斧を使っての戦いですから 首は飛ぶし血は飛び散るし残虐でした

南北戦争は 人間とヴァンパイアとの闘いという設定は 歴史とは全く無関係 

前半 このままで終わるのかと 観に来たことを後悔しましたが

後半はしっかり楽しめます 馬での戦いのシーン 燃える列車でのシーン

なかなかのものでした ラストもよかったです
[ 2012/11/02 17:19 ] 映画 | TB(-) | CM(-)