ローン・サバイバー

ローン・サバイバー

★★★★☆
監督 ピーター・バーグ

主演 マーク・ウォールバーグ

アメリカ海軍ネイビーシールズ 

これに合格するまでの過酷な訓練と無事卒業した兵士たちの様子を

愛と青春の旅立ちのような描写で始まります

きびしい訓練に脱落していく者 去って行く者 ついて行けた者

その中で生まれる友情 家族への愛情等を通して 主役の4人の紹介が終わる

そして 2005年 この4人がレッドウイング作戦で

アフガニスタンでタリバン兵数百人と戦うことになります

たった一人生き残った兵士の回顧録が原作

4人の運命を分けたものは 山で待ち伏せ中子供を含む3人の羊飼いに遭遇

いったん拘束するも 殺すべきか 拘束したまま逃げるか悩んだ結果

釈放を選ぶ これが原因でたった4人で絶望的な戦いをすることになる

一人だけ生き残れた理由はなぜなのか

死んでいく3人の友はどんな壮絶な死に方をするのか

こういったところが見所です

ランボー並みの怪我の手当てシーンもあります

エンディングでは実際の兵士の写真が流れます

涙を誘う作品です
[ 2014/03/30 10:06 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

それでも夜は明ける

それでも夜は明ける

★★★☆☆

監督 スティーブ・マックィーン

主演 キウェテル・イジョフォー

奴隷制度があった時代のアメリカで

自由黒人であるバイオリン奏者のソロモンは妻と二人の子供と幸せに暮らしていた

ある日持ちかけられたサーカスでの演奏の話で妻子の留守中ワシントンへ向かう

うまくいきそうな仕事の打ち会わせの食事中に飲んだワインの記憶が最後

目が覚めると両手両足を鎖で繋がれた真っ暗な檻にいた

そして自分は自由黒人ではない売られて行く奴隷だと言うまで鞭で叩かれた

その後奴隷市場で売られ何度か主人も変わるが

12年間奴隷として生活させられた主人公の実話

監督は残虐に扱われる奴隷たちの精神面に目を向け

表情や流れていく時間をゆったりと撮っています

主役の表情を中心に 同じ家で働く奴隷同士でありながら

関わってはいけない だれも救えない

何があろうと生きていくために無視をする

そういう表現の仕方で 映画が進んでいきます

ラスト近く ブラッドピット登場です

ソロモンを救えるのは誰なのか

その後どうなるのか

アカデミー賞にふさわしいであろう作品でした
[ 2014/03/16 08:21 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

ホビット 竜に奪われた王国

ホビット 竜に奪われた王国

★★★★★

監督 ピーター・ジャクソン

出演 マーティン・フリーマン イアン・マッケラン

「 ホビット 」 3部作の第2章

HFR 高画質版3D で観てきました

今までの3Dと全然違う気がしたのはHFRがいいのか

元々の映像がいいのか分かりませんが 

奥行きがすごくて まるでその場にいるような気がしました

吸い込まれるような映像で 時々目がくらくらした感じです

しかし このシリーズは面白いですね

ここまでのものを 邦画などと同じ料金で観させていただいて

いいものかと 思いましたから

超イケメンの役者たちと美女ひとりが勢揃いましたから

第3章がすぐにでも観たいです

今回終わり方ですが

ドラマの ではまた来週 って言うくらいの

途中です って終わり方でした

早めに次が来ないと 忘れてしまいます

とにかく この作品 最高の出来です

観逃してはいけない映画ってこういうの言うんですね

最初から最後まで目が釘づけです
[ 2014/03/02 17:19 ] 映画 | TB(-) | CM(-)