シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

シビル・ウォー

★★★☆☆



監督 アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ

出演 クリス・エヴァンス ロバート・ダウニー・Jr 他

「 キャプテン・アメリカ 」 シリーズの第3弾ですが

ここまでくると アベンジャーズでキャプテンアメリカが主演なのか

いつもの勢揃いの映画なのか 全く分からなくなってきました

映像がすごくて 面白ければいい それだけです

今回は世界各地で人々を救うために活動してきたアベンジャーズが

身内を救うために罪なき人々の命をなくしてしまうことから始まりました

そして同じように世界中でたくさんの被害を出していることが批判され

政府の管理下に置かれ活動を制限されるようになる

待ちに待ったスパイダーマンの出演と

早くも登場のアントマンを楽しみに観に行きました

出演者が多くひとりひとりの出演シーンが少ないですが

メンバー同士での対立でぶつかり合うシーンは派手でした

またあちこちに笑いのポイントがあってかなり面白いです

ユーモアたっぷりの映画と言えます

いつものようにエンディングだと思っても続きが何度もありますので

最後まで見逃さず観た方がいいです

ラストにスパイダーマンから次回作に続くセリフがあります




    

    1日1回だけクリックをお願いします  






[ 2016/04/29 16:45 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

レヴェナント 蘇えりし者

レヴェナント 蘇りし者


★★★★☆

監督 アレハンドロ・G・イニャリツゥ

出演 レオナルド・ディカプリオ トム・ハーディー 他

アカデミー賞主演男優賞に輝いた話題の作品

主演のディカプリオ演じるグラスはプロのハンター

訳あって妻を亡くした男は肌の色の違う息子を連れている

ある日熊に襲われたグラスは瀕死の重傷を負う

この熊に襲われるシーンは予告で何度も見ていましたが

実際にはこの映画の前半の一番の見どころと言えるでしょう

生きているのが不思議なくらいの重傷の男を

いったんは助ける仲間の民族たちであったが2人の男を残し立ち去って行く

そして残った男のひとりフィッツジェラルドの裏切りで息子を殺され置き去りに

しかし グラスは蘇る 息子を殺した男に復讐を誓う 

ここからは 生きるために過酷な大自然と戦いながら生き物を食うことや

人間本来の姿を坂本龍一の音楽と共に感動的に描いてあります

はっとするほど生々しいシーンなどもあります

撮影はエヴェレストより大変であったのではなかっただろうか

アカデミー賞に値する演技力そして映像と音楽だと思いました

エンドロール最後まで見た方がよろしいかと思います

大作だったと思える素晴らしい作品でした




    

    1日1回だけクリックをお願いします  





[ 2016/04/23 17:24 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

スポットライト 世紀のスクープ

スポットライト 世紀のスクープ


★★☆☆☆



監督 トム・マッカーシー

出演 マーク・ラファロ マイケル・キートン レイチェル・マクアダムス 他

ボストンの新聞社グローブの記者たちが

カトリック教会の神父による児童への性的虐待をスクープした実話

ハルクのマーク・ラファロ バードマンのマイケル・キートン

そしてアバウトタイムのレイチェル・マクアダムスなどが記者役で出演

アカデミー賞ノミネート そして 「 スポットライト 世紀のスクープ 」

というタイトルですが映画は地道な取材の積み重ねで出来上がっています

カトリック教会という大きな敵を相手に犯人の神父を探して行きながら

たくさんの資料を基に被害者を探し取材を申し込み話を聞いて行く

事件が解明されて行くにつれ驚くべき事実も分かって行きます

事件のカギを握る弁護士にも大きな隠された秘密が

ひとりの神父にスポットを当てているわけでは無いため

このスクープによって観る方がスカッとするわけではないですが

ラスト エンドロールで実際にこのようなことが行われた

世界中の町の名前が全部流れるのでショックかと思います


本日地震のため熊本などの映画館全館閉鎖と聞いております
被害が大きくならないことを願います



    

    1日1回だけクリックお願いします





[ 2016/04/16 14:45 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

クヒオ大佐

クヒオ大佐


★☆☆☆☆



監督 吉田大八

出演 堺雅人 松雪泰子 他

ショーンK → ビートたけし発言 → 気になる

このようなことで TSUTAYA に行くことになりました

こちらは 2009年の作品

実際にいた男の話をコメディタッチのような雰囲気を交えて描かれた作品

北海道出身日本人の男が整形により鼻を高くし

片言の日本語だけを話しアメリカ空軍のパイロットと偽り

数々の女性をだまして行くお話

父はカメハメハ大王の末裔

母はエリザベス女王の双子の妹の夫のいとこだとか

そして自分と結婚したら女王からお祝い金が5億円だったか

50億だったかもしれないがそれくらいが頂けるということでした

松雪泰子はお弁当屋の女社長

本人はすっからかんになるまで貢ぐようになるが

偶然にも空軍に詳しくまた英語も堪能な弟が

いとも簡単に見破ってしまう

全体的にどこにもスポットを当ててもおらず

例えば女をだますテクニックも普通

見破られた時のやり返しもなく

映画のスケールもちょっと地味

せっかくのいい題材と役者たちがもったいない気もしました

今の堺雅人で監督が北野武だったら

違うものができたかもしれません



    

    1日1回だけクリックお願いします





[ 2016/04/14 14:57 ] 映画 | TB(-) | CM(-)

ルーム

ルーム


★★★☆☆


監督 レニー・アブラハムソン

出演 ブリー・ラーソン ジェイコブ・トレンブレイ

学生時代に拉致監禁されたジョイは

犯人オールド・ニックとの間に生まれた子供ジャックと共に

狭い納屋(ルーム)に7年間暮らしていた

子供は5歳だが女の子のように髪が長い

シングルベッド お風呂 キッチン タンスだけがある部屋には

窓はないが小さな天窓から空が見えていた

時々現れるオールド・ニックが生活に必要なものを運びまた鍵をかけて行く

ジャックはテレビの中の世界は偽物だと思って育ったが

5歳の誕生日を迎えた子供に母は事実を伝えることを決心する

人間何年も監禁されると一番困ることは歯医者に通えないことのようである

ジョイは虫歯の治療ができず歯が抜けてしまう

ジャックはその歯を大事に隠し母と練習した通り脱出を試みる

監禁している方も死なれた時に一番困るはず

カーペットに巻かれて死体のふりをしてニックに捨てさせることにする

トラックが一時停止したらトラックの荷台から飛び降り助けを求めるはずが

一回目カーペットから出られない そして2回目 3回目

このあたりが一番ハラハラさせられる

ジャックが初めて見た空 木々 木の葉 すべてが広い世界の始まりだったが

救出された母親と暮らし始めた世界は果たしてルームよりよかったのか

実際には娘を迎えに来た両親の現在の状況までもが変わっていた

母としか会話のできないジャック 

マスコミ 近所の見る目 耐えられなくなっていくジョイ

母を救うため長い髪を切って贈るジャック

重々しいドラマの中で輝いていたのはジャック役の子役の可愛らしさ

髪を切って男の子になった姿がまばゆいほどだが

犯人の子供だと言う現実が付いて回る

本当の世界はルームより広かったのか

ジャックが最後に母に頼んだこととは何だったのか



    

    1日1回だけクリックお願いします





[ 2016/04/09 15:35 ] 映画 | TB(-) | CM(-)