ドント・ブリーズ


ドント・ブリーズ


★★★★☆



監督 フェデ・アルバレス

出演 ジェーン・レヴィ スティーブン・ラング 他

予告編は映画館で何度も見ているので怖そうだとは思っていました

男が若い女性の死体のような頭をつかみ道路を引きずっている様子を

上空から街並みと一緒に確認するような形で始まります

そしてその女性であろうと思われる人間とその仲間の男2人の3人組の泥棒が

留守宅に入り物を盗む様子に変わります

ラストシーンから始まったのであろうと思われるのですが

本当のラストではなかったですよ

3人の若者は仲間のひとりの父親が防犯システムの仕事をしていることを

利用してあちこちの家の鍵を手に入れていた

主役の女性ロッキーは恋人とその友人との3人組だったが

訳ありの家を出たくて恋人ではなくその友人の方と街を出る計画を立てていた

そのために必要なお金を稼ぐため反対する友人の方の男を強引に説得し

大金を隠し持っていると思われる盲目の老人宅に侵入を試みる

これが最後の泥棒のつもりだったが

元軍人の老人宅はあらゆる防犯対策がなされ異常な数の鍵がかかっていた

そして盲目でありながら鋭い感覚を持つ老人は暗闇でも戦える凄腕

感覚だけで人の存在をキャッチする老人

恐ろしさに息も出来なくなる若者たち

逃げ道を探し地下室に入った犯人たちが見た驚きのものとは

家を守っている犬の存在も怖い 

老人の生きる希望の光になるものが何とも恐ろしい

誰が生き残れるのか

最後まで分からない

これは映画館で見ておいた方がよかったと思われるほど

感動的な怖さですよ

































[ 2017/03/28 09:28 ] 映画 | TB(-) | CM(-)